5-7.起承転結の構成にまとめる ~タロットカード占い講座~

IMG_20160406_131226.jpg

 

7. 起承転結の構成にまとめる
前ページ「6.ストーリーの組み立てと全容のつかみ」では、大筋の「起承転結+KeyPoint」を組み立ててみました。

ケルト十字
次に、実際に文章化していく作業になりますが、以下のテンプレート(雛型)に従って文章を作成していくとスムーズです。

  1. 現状と取り巻く環境([1]起)
  • ケルト十字の展開から「①現在の心境や状況」、「④過去の心境や状況」、「⑥取り巻く環境・生活環境」に位置するカードのキーワードを包括した内容で文章化していく。

  1. 顕在意識と潜在意識([2]承)
  • 同じく「②顕在意識」、「③潜在意識」に位置するカードのキーワードを包括した内容で文章化していく。

  1. 障壁や周囲の目、可能性や希望([3]転1)
  • 「⑦人間関係等」、「⑧可能性」に位置するカードのキーワードを包括した内容で文章化していく。

  1. 近い未来([3]転2)
  • 「⑤近い未来」に位置するカードのキーワードを包括した内容で文章化していく。

  1. 最終結末([4]結)
  • 「⑨最終結末」に位置するカードのキーワードを包括した内容で文章化していく。

  1. ★キーポイントカード([5]Keypoint)
  • 「⑩キーポイントカード」に位置するカードのキーワードを包括した内容で文章化していく。

このように、起承転結を各段落300~500文字程度で書いていくことで、全体的に2,000~2,500文字ぐらいに記述できると上等です。
1枚1枚のカードが持つキーワードからメッセージという短文を生みだし、関連付けられたカード同士の意味合いを膨らまして、各段落を文章化していく。
繊細、且つ、深いイメージングが必要になる作業ですが、練習を重ねることで少しづつ完成度を高くしていってください。

また、より繊細で深いイメージングを呼び起こすために、いつもより集中力をあげる工夫や、瞑想する習慣を付けたりすることも良いと思います。
落ち着いた環境で、お香やろうそくの灯りを炊いたり、静かなBGMを流すのも効果的です。

どんなカード同士が関連して、どの位置が関連するのかは、熟練した知識とスキルが必要になります。
以下の「タロットカードの意味解読表PDF」には、カードの意味の説明に加え、関連するカードもご紹介していますので、深いリーディングが可能になります。
ぜひご覧ください。

▼タロットカードの意味解読表はこちら
【PDFファイル提供】タロットカードの意味 大アルカナ22枚(見やすい分かりやすい解読表)icon_pdf.png
【PDFファイル提供】タロットカードの意味 小アルカナ56枚(見やすい分かりやすい解読表)icon_pdf.png



大倉山タロット占い鑑定
深海月(しんかいづき) Lina