7.展開法の選定 ~タロットカード占い講座 ベーシック(初心者向け)~

IMG_20160406_131226.jpg

タロットカードで占うにおいて、展開法(Spread)というものがあります。
カード1枚だけ展開して占う方法もあれば、2枚展開して占う方法もあります。 多いものでは、10枚~13枚等で占う方法もあり、展開するカードの枚数が多ければ多いほど、様々な状況や心境、そして未来、解決法などを占うことができます。

その展開法のパターンは基本的なものから応用、また有名な占い師達のオリジナルを含めれば無限大に及びます。
タロットカード占い講座 ベーシック(初心者向け)では中でも一番オーソドックスな展開法をご紹介いたします。

  1. ワンオラクル展開法
  2. スリーカード展開法
  3. ケルト十字
  4. ラバーブリッジ展開法
  5. ホースシュー展開法
  6. 二者択一展開法
  7. ホロスコープ展開法
「ワンオラクル展開法」
sp01.png



「スリーカード展開法」
sp02.png



「ケルト十字展開法」
sp03.png



「ラバーブリッジ展開法」
sp04.png



「ホースシュー展開法」
sp05.png



「二者択一展開法」
sp06.png



「ホロスコープ展開法」
sp07.png

このように、カードの枚数が少ない程、シンプルで簡単にリーディングができますし、カードの枚数が多い程、複雑で繊細なリーディングが可能になります。

また、相談の内容や知りたいことに合わせて、適した展開法を選定することで、より深く多角的にリーディングを行うことができるのです。